アパレル女子さん

《お部屋模様替え》仕事をしながら洋服作りをしたいアパレル系女子さんの夢を叶える部屋

 

実例 :《お部屋模様替え》 アパレル系女子さん について、詳しく解説します

アパレル女子さんはモニター様です。掲載のご協力を得ています。
\ありがとうございます/

 

☆少し長い内容ですが、実際の作業内容がお分かりになると思います☆

 

     アパレル系女子さん
     ファッションショップ勤務

     1部屋
     6.5㎡

 

    ・お部屋模様替え
    ・整理収納

 

    12時間 / 3日間

 

◆メニュー◆

・ヒアリング
・現場調査
・プランのご提案
・新規購入する収納ケースのご提案
・すべてのモノを取り出す
・家具の移動 ベッド←→机
・収納をする

・仕上がり
・お客様の声
・sasa dezign works から

 

 

ヒアリング

*まずは、お話をお聞きします。

整理収納には関係の無いようなことでも、日常の生活の中で、やりにくい事、困っていること、そして、理想やなりたい自分についてのお話も、あればどうぞお話いただきます。

 

【アパレル女子さんのお困りごと】

●いらない服が多い
●クローゼットの中が片づかない
●クローゼットの扉が全開しない
●クローゼットの洋服ケースのサイズがあっていないし古くなっている
●本棚が足らなくて片づかない
●使わないモノが多い
●開くことが出来ない出窓をどうにかしたい
●学生時代の作品が片づかない
●洋服作りをするたびに、机の上のモノをベッドに移動、眠る時はベッドのモノを机に移動するので不便
●洋服作りが出来ない
●部屋が片づかない
●ミシンが使えない
●部屋のドアが全開できない(トルソーが置いてある)
●使いたいものがどこにあるのか分からない

 

【アパレル女子さんのご希望】

●帰宅後に洋服作りが出来るようにしたい
●洋服作りの続きを翌日にも出来るようにしたい
(いちいち移動しない)
●糸・布・道具を見える収納にしたい
●作業(服作り)をしやすくしたい
●ベッドの下を使いやすくしたい
●使うもの(雑誌・裁縫道具)は机の下に置きたい
●本棚を増やす
●化粧品は見えないように収納したい
●ネコが飼えるようにしたい
●必要なものをすぐに取り出せるようにしたい
●使いやすい収納ケースを新しく入れたい
●掃除をしやすくする
●変えたい→変わりたい
●将来自分のブランドを立ち上げ、起業したい

 

 

現場調査

今回はお部屋丸ごとの整理収納であることと、収納用品も新しくしたい、とのご希望なので、まずはお部屋を拝見し、必要なサイズを計らせていただきました。

 

写真を2枚つなげています。

 

洋服があふれているクローゼットは、左手奥にモノがあるので扉が全開していません。
収納ケースは無印良品ですが、4年前に引越しをする以前から使っているもので、サイズが揃っていません。

 

机の上は、作りかけのお洋服の材料・コスメ・ロックミシンもあるようです。

 

現場写真では分かりずらいですが、出窓が2ヶ所あります。まったく使われていない窓になっています。

 

この次は、『プランの提案』をするのですが、アパレル女子さんのお話をお聞きして不思議に思ったのは、

「なぜこんなに散らかっていて、片付けられないのか?」

アパレル女子さんは、とてもきちんとされた方でした。
服飾大学の成績も優秀で、デザインはもとより、縫製もバッチリ!

なのに、片付けは苦手?

いえいえ、片付けが出来ない人ではなくて、利き手と違う方向にベッドと机があったからです。

 

利き手と違う方向に家具が配置されていたので、帰宅後の洋服がうまく片付けられていなかった。

 

ということでした。

そこで、右効きのアパレル女子さんの動きに合わせて、ベッドと机の配置を変える、

お部屋模様替え

のプランを提案しました。

 

 

お仕事から帰宅したら、着替えをしてリビングへ移動するまで、全て “右手” でぐるりと部屋を1周すれば済むようにします。

左足を軸にして、右手で用事を済ませます。

 

 

プランのご提案

“お困りごと” ”ご希望” をお聞きし、現場の状況を把握したところで、ご提案プランを2つお作りし、選んでいただきます。

 

 

 

\お選びいただいたのは《プラン2》でした/

 

 

新規購入する収納ケースのご提案

 

《注意》収納用品の購入は、一番最後です!!!

 

よく聞かれるのは「収納用品はどうしたらいいですか?100均とか無印良品ですか?」

 

最初に購入すると、大失敗のもとです!

 

中に入れるモノの量も、場所の確定もしていないからですね。

今回は、お部屋模様替えプランなので、お部屋全体のサイズはチェック済み。

なので、構想上の計画のために、どのような収納ケースがあるのかを検証するためにリストアップしました。

実際に購入する収納ケースを決めるのは、作業の後です。

 

 

すべてのモノを取り出す

そのままです。。。すべてのモノを取り出して検証します。

とはいえ、お部屋丸ごとは大変なので、カテゴリ分けをして進めます。

まずはお洋服。クローゼットから始めます。

 

クローゼットにハンガー掛けされているモノを出しただけで、部屋がいっぱいになりました!

 

一つ一つを手に取って選んでいただきます。

何を基準に選ぶのかは、作業をしながら説明をしていきます。
悩んだり迷ったりしたモノも、それなりの対応策があるので大丈夫です。

 

この手順で、洋服以外のモノも、カテゴリごとにいったん全てを取り出して選んでいきます。

 

 

家具の移動 ベッド←→机

 

ベッドと机の場所を交換しました。

“お部屋模様替え” で行う家具の移動は、お客様と出来る範囲です。

今回は、単なる交換 のようですが、小さな出窓の前にあった「使われていない無駄な空間」が無くなって、ベッドの下を有効に使えるようにしました。

 

モノの整理が終わって、家具の場所がきまったところで、

収納用品を決定し、購入します。

 

 

収納をする

 

 

洋服は、すべてクローゼットの中に収納します。

収納ケースに畳んでしまう洋服は、立てに収納すると、取り出しやすいですね。

収納ケースにたたんでしまう洋服は、立てに収納すると、見ても分かりやすいし、取り出しやすいですね。
でも、柔らかい素材のものがあると、ぐちゃぐちゃになりやすい!

そこで、

使わないから処分する、と言ってハブかれていたブックスタンドがありました。それを使って、柔らかい洋服も立てて収納します!

POINT:洋服ケースは、ブックスタンドを使うと柔らかい服を立てて収納できる

 

 

 

大きさの揃っていなかった洋服の収納ケースを、揃えるために、2つを新規で購入しました。

無印良品のポリプロピレンの収納ケースです。
下の3つが以前から使っているものです。色が変色しているので、そうとう昔に購入したモノらしいです(ご本人は記憶ないくらい前)

ただ、「無印良品で購入した」ということが分かったので、サイズを計って無印に問い合わせてみたところ・・・

同じ商品がありました!

POINT:長期間使用する予定の収納用品は無印良品が最強。
定番の企画を変えることなく、再購入するときに、ほとんど間違いなく購入することができる

 

 

 

可動スチール棚が3台ありましたが、それぞれ、薬やコンタクト用品・裁縫道具・仕事の書類&文房具、など、カテゴリ分けし、上下もさらに子カテゴリに分けて収納します。

 

 

 

洋服作りの生地がたくさんあったので、ベッド下のスペースに納められるように、フタが手前に跳ね上がるタイプの収納ケースを新規購入しました。

生地屋から購入したままの袋で保管していると、何がどこにあるのか分からなくなるので、全てをジップバッグに入れ、色ワケで保管します。

 

 

 

バラバラと保管されていた 糸 を、全てこのケースに保管します。

これも、将来的に追加購入できるように、無印良品のポリプロピレン収納ケースを選びました。

キャスターを付けたので、 このケースのタワーを引っ張りだすと、 洋服作りの最中に糸を明るいところで選ぶことが出来ます。

 

 

 

ミシンはとてもデリケートな機器です。扱いを雑にするとバランスが悪くなって調整が難しくなったりします。

決まった場所で使い続けることが出来ないので、床に置くのは仕方ないのですが、お困りごとの中に『ミシンが使えない』とありました。

ミシンは結構重たいので、作業する机のそばまではキャスター付きの台に乗せて移動させ、上下に持ち上げる労力だけに減らすことにしました。

可動式の台に乗せておけば、掃除をするときも、ミシンを持ち上げて移動させることはないので、ミシンへのダメージも無くなります☆

 

 

 

今回、アパレル女子さんが一番気に入って喜んでくださったのが、このコスメケースでした。


ニトリ
コスメボックス DIVINOS(ブラック)
商品コード: 8132163
幅25.5×奥行25.5×高さ27cm

このケースに入るだけを保管する(それ以上増やさない)ことにしたそうです。

 

POINT:自分ルールを作って、無理なく管理、節約をする

 

 

仕上がり

 

 

 

 

 

あれだけ片づけられなかった部屋が、今はほとんど問題なく維持できています。
ほとんど、というのは、面倒な時はそのままにしても、片付け方法が分かっているので、以前のようなストレスはゼロです。
平日に仕事から帰った後も、作品作りが出来るようになりました。こんなに変化があるなら、もっと早くサチさんにお願いすれば良かったです。
それと、サチさんに教えてもらったコスメケースは便利で使いやすいです。コスメ系はここに全部収納できて、さらに、ここに入らないものは買わない!と決めたら、無駄遣いがなくなりました。

 

将来はご自分のブランドを立ち上げたい、と思っているアパレル系女子さん。
ご自分のモノと、お洋服作りのモノが溢れて足の踏み場も無い感じでした。。。
今回のポイントは、アパレル系女子さんの行動パターンに合わせて、ベッドと机の位置を交換するお部屋模様替えを提案しました。つい片付けられなかった洋服も問題なく片づくようになり、お洋服作りに必要な多くの素材たちは新しい収納ケースを提案し、取り出しも保管も簡単にできる快適な過ごしやすい部屋になりました。

 

 

 * *

整理収納は、その人の習慣やクセ、お部屋の広さや状況によって異なります。

その人に合った整理収納をすると、リバウンドすることがなくなるんですね。

あなたには、あなたに合ったオーダーメードの整理収納をしてみませんか?

 

 

こんにちは sachi です。